沿革

昭和20年9月創立者、斉藤亀男、本社所在地において個人営業にて電気関係の諸材料全般の販売を開始する。

昭和27年1月

岩手県総合開発の施政に則り、電気工事材料の需要が増大するに伴い、個人企業を法人組織に改組した。
商 号 株式会社岩電
所在地 盛岡市大沢川原小路129番地
資本金 100万円
代表取締役社長 斉藤 亀男
昭和27年4月松下電工㈱、東芝商事㈱と代理店契約締結。
昭和29年2月本社社屋並びに店舗及び倉庫の拡張を企画し、完成した。
昭和29年4月松下電器産業㈱電気事業部と代理店契約締結。
昭和33年6月花巻営業所開設。
昭和39年5月盛岡市向中野に倉庫を建築。
昭和40年7月配電盤事業部創設。
昭和41年2月資本金300万円増加し、払込資本金400万円となる。
昭和44年1月資本金500万円増加し、払込資本金900万円となる。
昭和46年4月八戸、北上営業所開設。
昭和46年6月宮古、水沢営業所開設。
昭和48年6月岩手流通センター盛岡卸団地に倉庫・事務所開設。
本社業務の流通センター移転により、本店は盛岡営業所として業務存続。
昭和48年12月釜石営業所開設。
昭和49年4月資本金600万円増加し、払込資本金1,500万円となる。
昭和49年8月都南村津志田工場設立。
昭和50年6月資本金500万円増加し、払込資本金2,000万円となる。
昭和51年6月資本金500万円増加し、払込資本金2,500万円となる。
昭和53年5月盛岡北営業所開設。
昭和53年7月本社・盛岡営業所新築工事完成。
昭和53年11月資本金500万円増加し、払込資本金3,000万円となる。
昭和56年8月配電盤工場新築工事完成。
昭和57年3月一関営業所開設。
昭和57年4月秋田営業所開設。
昭和60年10月盛岡北営業所移転。
昭和61年8月資本金2,000万円増加し、払込資本金5,000万円となる。
昭和62年5月北上営業所移転。
平成2年11月一関営業所移転。
平成2年12月宮古営業所移転。
平成4年3月代表取締役社長に斉藤健一が就任する。
平成6年10月八戸営業所新築移転。
平成9年8月釜石営業所移転。
平成10年3月花巻営業所新築移転。
平成14年10月仙台分室開設。
平成15年2月青森分室開設。
平成15年11月資本金2,000万円増加し、払込資本金7,000万円となる。
平成16年12月資本金2,000万円増加し、払込資本金9,000万円となる。
平成19年3月AVC・ファシリティーズ事業部開設。
平成21年9月建設法人営業所開設。
平成23年3月代表取締役社長に田端昭、会長に斉藤健一が就任する。
平成24年5月大船渡営業所開設。
平成24年6月仙台営業所開設。
平成24年9月青森分室を青森営業所に拡充
平成26年4月本社業務地の隣接用地を取得、第2事務所を開設。
平成26年5月

AVCファシリティーズ営業所移転。
建設法人営業所からE-Facilities事業部へ事業部名変更
システム開発部から配電盤事業部へ事業部名変更

平成26年11月石巻営業所開設。
平成27年9月住設営業所開設。
平成29年1月気仙沼営業所開設
会社概要 沿革 営業所案内